工務店 ハウスメーカー 違い

工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーの違いについてみていきましょう。

 

 

工務店は一言で言えば家を建てる会社で、設計、施工を中心としており、

 

 

ハウスメーカーは家の企画や設計、家の販売を中心に行う会社です。

 

 

実際にハウスメーカーで直接家を建てているケースはごく稀だと言われており、ハウスメーカーで建てる場合、家を建てているのは下請け業者だというケースがほとんどです。

 

 

工務店とハウスメーカーの特徴をみていきましょう。

 

 

 

【工務店の特徴】

 

 

工務店は地域密着型で、その土地ごとの気候や地形、(災害が起こりやすい地域の場合)災害の対策などに合わせた家づくりが可能ですし、

 

 

工務店の場合は商品を固定化していない為、間取り、外壁、内装、材料、設備など、、
細い部分まで顧客の要望を取り入れてもらえるため自由な設計が可能です。

 

 

そしてハウスメーカーでは職人の手作り感や職人独特のあじを出すことができます。

 

 

最近は自社オリジナルの特色を出した工務店も増えつつあるものの、

 

 

デザイン面に関してはハウスメーカーに比べると多少劣るかもしれません。

 

 

施主が造りたい家のイメージが明確ではないと、平凡な家になってしまう可能性は高いです。

 

 

 

【ハウスメーカーの特徴】

 

ハウスメーカーはカタログや展示場が非常に充実しており、家づくりにおいてイメージがつかみやすいですし、デザインも豊富に用意されています。

 

 

会社の規模が大きく、アフターサービスやブランド力、信頼感など安定してサービスを受けられるということも大きな特徴ではないかと思います。

 

 

ただハウスメーカーの注文住宅であっても、何かと規定があり自由度が低い場合も多く、外壁や内装、設備などはあらかじめ用意された物の中から選んでいくというケースが多いです。

 

 

もちろんそれ以外のものから選ぶことも可能ですが、変更するとかなり高額な追加料金が発生することが多いようですね。

 

 

そしてハウスメーカーでは豪華なパンフレット代、宣伝費、CM代、全国様々な場所に用意されている展示場の維持費などが価格に上乗せされている為価格は高いと言われています。

 

 

※家づくりにおいて、まずどこの会社に依頼するのかということで非常に悩むと思いますが、工務店とハウスメーカーの違いを把握した上で、家づくりにおいてそれぞれが求める条件をしっかりと満たしている会社を選ばれるといいのではないかと思います。

 

ハウスメーカーの中でも人気があるのがセキスイハイムです。

 

 

 

セキスイハイムのメリットをあげますと、やはり大手なので安心という点が一番にあがってきます。

 

 

 

また、耐震や耐火の技術もハウスメーカーの中でもトップクラスです!

 

 

 

セキスイハイムは、坪単価でいうと決して安くないのですが、その分の安定感は優れています。

 

 

 

そんな人気のハウスメーカーですが、気になるのは評判や口コミですよね、

 

 

 

実際のところの評判はどうなのかと調べていたところ、セキスイハイムの評判で、

 

 

建てた人の本当のところの評判も紹介や説明されています。

 

 

大きな買い物なので、じっくりといろんなハウスメーカーを比較したいですね。

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/07/09 00:09:09

全国には様々な工務店がありますが、工務店選びは非常に難しいと言われています。

 

選んだ工務店が良心的な工務店の場合は満足のいく家づくりができますが、知らずに評判の悪い工務店を選んでしまった場合は家の完成度のみならず、不具合が生じた時の対応も不十分でトラブルを招くというケースも少なくないようです。

 

工務店を選ぶ時に、価格、デザイン、設備など重要視する部分は様々だと思いますが、

 

工務店を決める上で基本的なポイントをしっかりと抑えておくことも大切です。

 

工務店の決め方の基本的なポイントをみていきましょう^^

 

 

【得意分野やデザイン】

 

全国には沢山の工務店が存在しますが、工務店といっても得意分野、不得意分野は必ずありますし、

 

工務店ならではの特色があり、このような家にしたいという理想があってもデザイン性が期待できない場合もありますので、

 

その工務店の得意としている分野が自分が求めているものに合っているのか、ということも重要になってきます。

 

そして木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨造など工法にこだわる場合もそれを得意とする工務店を選ぶ必要があります。

 

 

【価格】

 

予算内に収まるのか、ということも重要なポイントです。

 

ただ価格が安いという理由だけでその工務店を選んでしまうのではなく、見積もり内容や金額が適正であるか、

 

また見積もり内容が細かく記載されているのかということもチェックしておく必要があります。

 

 

【技術や実績】

 

実際にその工務店が建てた住宅をいくつか見せてもらったり、実際に住人から話を聞いたり、その工務店が今までにどのような家を建ててきたのかを確認しておく必要があります。

 

そして技術力に関してはどうなのか、ということも事前にしっかりとチェックしておくことです。

 

 

【会社の経営状態】

 

大手住宅メーカーと比べると工務店は倒産するというリスクが高く、事前にその会社の経営状態を調べておく必要があります。

 

会社の経営状態を調べる一つの手段として、その工務店が完成保証に加入しているのかということも重要なポイントになります。

 

倒産のリスクの高い工務店は完成保証に加入することができませんので、完成保証に加入している工務店は比較的安心だということが言えます。

 

 

【地域に密着しているか】

 

竣工後のアフターサービス、メンテナンス、ちょっとした不具合が生じた時でも気軽に頼むことができますので、選ぶ上でなるべく近くの工務店を選ぶということも重要です。

 

またその土地ごとの気候や地形、災害の対策などに合わせた家づくりが可能で、地域に密着しているからこその提案力もあります。

 

 

 

※工務店の選び方の基本的なポイントを紹介しましたが、工務店では宣伝などの費用にあまりお金をかけていない所が多く、そのため口コミでの評判も非常に重要になってきます。

 

工務店の方は地元での評判を非常に気にされますが、実際に評判の良くない工務店もありますので、事前にそのあたりに関しても調べておく必要があります。

 

 

続きを読む≫ 2014/06/16 18:56:16

ハウスメーカーでは値引きに応じてくれるところもあれば、一切値引きに応じないことで有名なところがあったりと、会社によって値引きに対する考え方は様々です。

 

工務店では値引きに対する考え方はどうなのでしょうか。

 

実際に工務店で建てられた方々の値引きに関する口コミを集めてみました^^

 

・建ててもらった工務店には知り合いがいたし、契約前から「うちの工務店で建ててほしい」と何度も言われていたので、一般の方よりは安く建てることができた。

 

・事前に「うちは値引きをしません」と言われていたので、一切値引きがありませんでした。
しかし見積もりが非常に詳細なものだったので、その金額に納得し値引き交渉をしようとは思わなかった。

 

・値引きが一切なかったので、予算の関係上床暖房、オール電化は諦めた。

 

・建物と諸費用で約2710万円だったが、10万円の値引きがあって最終的に2700万円になった。

 

などなど様々な口コミがあります。

 

工務店によって値引きに対する考え方は様々なようで、値引き額の相場や値引き率というものはありません。

 

交渉によっては多少の値引きが期待できるかもしれませんが、これから家を造っていくという段階で値引き交渉をされると少なからずモチベーションに影響するのではないかと思います^^;

 

また見えない所や気付かない所で差が出てしまうといった可能性もありますので、値引きに関しては何も言わない方が無難ではないかと思います。

 

値引き交渉より予算を決め、その予算内でどこまで要望を取り入れてもらえるのかといった交渉をされることをお勧めします^^

 

※全国には様々な工務店がありますが、中には詳細な見積書を提示してくれる所もあります。

 

いくら高額な値引きを行ってくれる工務店であっても、詳細な見積書を提示してくれない場合はその値引き額が妥当なものなのかという判断はつかないと思います^^;

 

工務店を選ぶ上で重要なことは値引き額だけではなく、見積もり内容が細かく記載されているかということも重要で、価格の面でも信頼できるような工務店を選ぶ必要があります。

続きを読む≫ 2014/06/16 18:55:16

住宅の建築にあたり、デザイン、性能、品質、価格など様々な視点から検討されると思いますが耐震性を重要視される方も多いです。

 

東日本大震災の際に、建物の全壊がなかったというハウスメーカーが話題になり、耐震性が売りになっているハウスメーカーもあります。

 

工務店やハウスメーカーでは『弊社の商品は全て耐震等級○以上』などとパンフレットに記載されていたりアピールされていますが、

 

耐震性でみるとやはりハウスメーカーの方が優れているのでしょうか、それほど変わらないのでしょうか。

 

建築物には国が定める建設基準法により耐震基準が定められており、“1〜3の等級”によって表されます。

 

 

工務店とハウスメーカーの耐震性を比較していきましょう。

 

 

【工務店】

 

工務店は大手ハウスメーカーと比較すると耐震性が劣っているのではないかと思われる方も多いようですが、

 

耐震性については耐震基準をクリアしていないと建築許可がおりませんので、必ずしも工務店の耐震性が劣っているというわけではありません。

 

しかし工務店の場合は、大手ハウスメーカーと比べると大規模な耐震実験が行われていないということは言えます。

 

また他の意見を取り入れたことで耐震性が重要視できない場合もありますので、

 

耐震性を重要視しながら話を進めていくと、価格はアップするものの工務店でも耐震性を上げることが可能で、耐震に強い家づくりが可能です。

 

 

【ハウスメーカー】

 

多くのハウスメーカーでは建設基準法の1.5倍の耐震性能を認める耐震等級3を標準としているようですが、

 

ハウスメーカーによって耐震性に大きな違いが生じる場合もあるようです。

 

基準法より厳しい耐震性能を求めているメーカーの場合は耐震性にも非常に優れていると言えます。

 

ただ基準法より厳しい耐震基準を求めれば、柱の本数や位置などが制限されることもあり、間取りの自由がきかなくなるということも多いようです。

 

そして建築基準法をクリアするためにどのような工法を取り入れているのかはメーカーによって異なりますので、それぞれのメーカーの工法の特色を調べておく必要があります。
ちなみにあるハウスメーカーが行った耐震実験では、阪神大震災の時と同程度のゆれを与えても、窓や壁が割れないのはもちろん、建物のすきま面積が次世代高気密基準をクリアできるほどの耐震性だったとの情報があります。

 

 

 

※耐震性に加え耐久性も非常に重要だと言われています。

 

阪神大震災の際に全壊した建物は、工法によるものではなく築年数による違いがはっきり出ていたとの情報もありますので、耐震性に加え耐久性も重要視して下さい。

続きを読む≫ 2014/06/16 18:53:16

建築会社を選ぶ際に保証が充実しているのかということを重要視される方は、工務店ではなくハウスメーカーを選ぶといった方が多いようですが、

 

すべての新築住宅に関して、引渡し後10年間の性能保証が法律で義務化されており、

 

10年以内に住宅の構造にかかわる部分などに欠陥や不具合が生じた場合に、施工会社が無料で補修するという保証が法律で義務付けされています。

 

 

工務店とハウスメーカーの保障をみていきましょう。

 

【工務店】
引渡し後10年間の保証が法律で義務化されているといっても、工務店は大手ハウスメーカーと比べると安定性はなく倒産してしまうなどのリスクがあります。

 

もし10年の間に工務店が倒産してしまった場合、無料で補修を受けることができなくなってしまいますが、

 

住宅保証機構の保証や民間の保証会社で保証を付けておくといざという時でも安心です。
もちろん保証を付ける際には保証料が必要になってきますが、

 

住宅保証機構の保証を付けておけば、建築後に工務店が倒産した場合でも補修に必要な費用の95%まで保証されます。

 

※工務店はハウスメーカーと比べると倒産のリスクがありますが、完成保証に加入しているのかということも重要なポイントになります。

 

倒産リスクの高い工務店は完成保証に加入することができませんので、工務店を選ぶ上で完成保証に加入いているのかということも調べておく必要があります。

 

【ハウスメーカー】
ハウスメーカーの保証体制としてはどのようになっているのでしょうか。

 

基本的に保証書はどこのメーカーでも似たようなものですが、保証期間に大きな違いがあるところもあります。

 

保証の期間を原則10年としているメーカーもありますし、

 

近年は長期優良住宅に力を入れているハウスメーカーが多く、条件はあるものの30年保証、60年保証といった長期保証制度を取り入れているところもあります。

 

一般的には構造物や雨漏りに対しては10年目まではほとんどのメーカーで無料の保証が付いているようですね。

 

しかしメーカーによって内容が異なる場合もありますので、大手メーカーの保証や内容をチェックし比較しておく必要があります。

続きを読む≫ 2014/06/16 18:52:16